スポンサーサイト

  • 2010.11.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


がん保険とは

がん保険とは、通常の医療保険と違い、がんによる手術・入院のみを保障する保険です。がんに限っているため、広範囲の医療保険に比べて保険料が安い場合が多いです。家系にがんの人が多いなど、がんに対するリスクを感じている場合は入った方が安心です。

がん保険の特徴はいくつもありますが、良い点について解説しましょう。保険会社にもよりますが、がんと分かった時点で一時給付金が出ます。これは保険会社によって異なります。300万円程度出るところもあります。支払い限度日数が設けられていないのが普通でがんで入院する場合はいつまでも所定の給付金が受けられます。

がん保険は、保険会社によって一時金の額はもちろん、通院給付金があるものないもの、再発したときは何度でも診断給付金が受け取れるものと1回だけのものなど商品によって条件がバラバラです。がん保険に入る場合は、詳細をきちんと確認してから、契約を行いましょう。

がん保険の選び方としては、どんな点に注意すれば良いでしょうか? まずはがんと診断された時の保障内容、発見されたがんの種類によって保障内容が変わるか? 入院時の日額給付金はいくらか? 退院後、退院一時金、通院給付金、その他の給付金など保障内容は? 再発のときの保障内容は? などをきちんと調べると良いでしょう。


拒食症が全国的に注目

拒食症が全国的に注目を集めたのは、何と言っても謀有名女性タレントからではないでしょうか。そして、2006年11月に拒食症でブラジル人モデルが死亡したことが大きく取り上げられ、拒食症の怖さが改めて印象づけられました。拒食症は、過食症とともに摂食障害といわれており、治すのが難しい病気です。

拒食症の症状を見てみましょう。極度の体重減少、女性は無月経、必要以上に運動して痩せようとする、興奮し易くなる、低血圧などがあります。そして、自分の病気の状態や深刻さをよく理解していないことです。拒食症は精神疾患の中でも致死率が高い病気で、多い死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発となっています。拒食症に抑うつ症状が加わると、自殺をはかることがあります。

拒食症の原因については、いろいろな説があります。遺伝的な原因によるもの、拒食症発病のきっかけとなる何かのエピソードによる心理的な原因、体重を減少した達成感から体重を減少することが止められなくなる一種の依存症、、痩せた女性がもてはやされる社会的風潮などが拒食症の原因と言われています。

拒食症の治療は、成功率を高めるためには早期の治療が大切です。治療は、心理療法、薬物による治療法、家族へのカウンセリングなどが主な治療法です。医師や家族が無理に食べさせようと強硬な手段を用いると逆効果となります。治療での一番重要なことは、患者の人関的な成長や実生活への適応を応援する、患者と医師、患者と家族の信頼関係を築くことです。


体脂肪計とダイエット

体脂肪計が売れています。なぜかといいますと運動不足気味の人口が増えてきていて肥満傾向、ダイエットをしている方にとってきちんと体脂肪を量れる機器は大事だからです。自身の体重と体脂肪率を知ることは大事なことです。体脂肪計について学んでいきましょう

まず体脂肪が体に与える影響を知りましょう。体脂肪は人間の活動エネルギーとして必要なものですが、多くなると悪影響を及ぼします。主に生活習慣病があります。体脂肪計を用いて正確な体脂肪率を知り予防をしていくことが大事なのです

さて体脂肪計の正しい使い方ですが時間を決めて測定することが大事です。朝、夜など不定期に測定すると体の活動により正確な測定値をだすことができなくなります。体脂肪計で体脂肪を測定する最もいい時間は夕方の6時から9時までの間とされています

これまでをまとめますと体脂肪を減らすことは容易ではありません。体重、体脂肪が増えた原因を自分で理解することが大事なのです。肥満にならないためには今までの生活スタイルを見直すことが大切であり体脂肪計を使って体重管理をすることが必要なのです。

指ヨガがブーム

指ヨガがヨガブームもあり全国に広がっています。ヨガというと場所が必要だったりしますがこれはいつでもどこでもできる利点があります。そのためか若い女性からお年寄りまで行っているようです。指ヨガについていろいろ紹介していきます

次に指ヨガの方法ですが人によっていろいろ方法があります。基本の方法ですが両手の指を合わせて胸の位置に持ってきます。そのままの状態で鼻から吸い口から吐く複式呼吸をします。腹式呼吸をしながら親指に力をいれて押していきます。これを親指から小指まで行います。

こんな指ヨガですがダイエットにも効果があることが分かっています。やり始めると体が温かくなってきます。これは指に刺激を与えることにより脳が活発なり新陳代謝が促され脂肪が燃えやすい体になるからだといわれています。指ヨガのパワーには驚かされます

全体としてみると指ヨガには健康面だけでなくダイエットにも効果があることが知られています。ダイエットは面倒、辛いとされていますが指ヨガはどこでもできるため人気があるのです。そして体にいい効果もあるので愛好者が多いのです。これからの健康増進に役立てていきましょう。

魚の目の原因

魚の目(うおのめ)とは、足の裏や足の指の角質層の一部が増殖し、皮膚の深いところまで入り込んだものです。見た様子がいかにも魚の目のように見えるのため、魚の目と呼ばれています。魚の目の角質層の中心部分には、硬い芯と呼ばれるものができていて、この硬い芯が歩くたびに神経を刺激するので相当痛みがあります。魚の目は、デザイン重視で靴を選びがちな女性に特に多く見られます。

魚の目の原因は、「足に合わない靴」の場合がほとんどといわれています。サイズが合わない、小さめの靴を履き続けることで、足が圧迫され続け、その結果、皮膚の角質が硬化して魚の目になるのです。魚の目そのものは深刻な病気ではないものの、痛みを我慢して無理な歩き方をすることで、腰や膝に負担がかかって腰痛の原因になることもあるため、注意が必要です。

魚の目が出来たら、早めに皮膚科の治療を受けることが大切です。治療では、厚くなった角質を軟化させる角質軟化剤のスピール膏などを患部に塗ります。痛みを感じない程度に軟らかくなったらメスなどで角質を取り除きます。しかし、魚の目は芯が皮膚の深くまで達しているため、完全に治すには手術で取るしかないことも多いようです。

魚の目の再発を予防するには、自分の足に合ったサイズの靴を履くようにします。特に皮膚が敏感な人は、靴やサンダルを選ぶときは、時間をかけて慎重に自分の足にあった履き物を選ぶ工夫をしましょう。また、市販のウオノメパッドなどを利用して、局所的な圧迫や負担を避けるなど、日ごろのケアが重要になります。

ドリンク酢

最近新聞や雑誌などでドリンク酢の広告をよく見かけます。お酢は古くから使用されており、古代ギリシャではヒポクラテスがお酢の抗菌作用に着目し、医薬品の替わりに使用していたそうです。古代エジプトのクレオパトラは美容のためにお酢を愛用していたとも言われています。

ドリンク酢を飲むとお酢の効果がすぐに出てきます。まずお酢を飲んだらすぐに血行がよくなり体がポカポカしてきます。また、肝臓や腎臓の機能がアップするのでおしっこが出やすくなり、体のむくみも解消します。さらに血液がサラサラになりますので肩こりなどにも効果的です。

ところが、お酢はそのままでは飲みにくく、またそのまま飲むと主成分である酢酸の作用によりのどや胃の粘膜が荒れることがありますので、5倍以上に薄めると飲みやすくなります。水、お湯、炭酸水、野菜ジュース、果物ジュース、牛乳、オロナミンCなどの健康ドリンクなどで薄めて飲むとよいでしょう。

現在はリンゴ酢、バナナ酢、プルーン酢など様々なドリンク酢が売られていますが、ドリンク酢はご自身でも簡単に作ることができますので、旬のフルーツを使ってオリジナルのドリンク酢を作ってみてはいかがでしょうか。ドリンク酢の作り方は、フルーツをお酢や黒酢に1週間から2週間程度漬けておくだけです。

頻尿

頻尿は年齢が進むにつれて増えてきますが、人に相談できないで一人で悩んでいる人も少なくないようです。正常な人のトイレの回数は1日4〜7回で、トイレへ1日8回以上へ行く人は頻尿の疑いがあります。頻尿の目安は昼間10回以上、就寝時2回以上となっています。夜2回以上トイレに起きる人は、睡眠障害からいろんな体の不調を起こしやすくなるため、早めに病院で受診することをおすすめします。

頻尿の一番の原因は男女とも「過活動膀胱」です。過活動膀胱の人は約800万人とも言われています。過活動膀胱の原因は、老化、神経疾患、脳の疾患、前立腺肥大症、ホルモンバランスの崩れなどです。頻尿の他の原因として、前立腺肥大症、前立腺がん、膀胱炎、糖尿病、心疾患、緊張やストレスなどがあります。

頻尿の治療法としては、まず頻尿の基礎疾患といわれている病気に罹っていたら、それをしっかり治療するか、疾患をコントロールすることが大切です。膀胱炎などは、治療すればすぐよくなりますので治療を受けましょう。次に夕食を少し早めに摂るようにして、就寝までの間にあまり水分を摂り過ぎないようにしてください。それでも頻尿が改善されないようであれば泌尿器科での治療を受けましょう。

膀胱炎による頻尿の予防法としては、日頃から水分を多めにとって、トイレを我慢しないことです。神経性頻尿は、その原因が何かのきっかけで尿意を気にし過ぎるようになることですので、排尿の回数を気にしないことです。神経因性膀胱は糖尿病や脳血管障害などの病気が原因となりますので、まずは、その病気を予防することが重要です。

サイエンスダイエット

最近のペットブームにより愛犬・猫を家族同様にかわいがる人が増えてきています。昔に比べてペットに与える食事も豪華になりました。サイエンスダイエットはペットブームを反映していて多くのペット愛好家に受け入れられています。

ではサイエンスダイエットとはどんなものでしょうか。通常ペットフードといえば丸い形をした乾燥したものをイメージしますが現在は多くの種類がありドライフード、ウェットフード、スープがあります。米国、日本の獣医が認めるバランスのとれた食事なのです。

ついでにサイエンスダイエットの評判についてですがある愛犬家によれば今までの食事に変えて与えたところ毛つやがよくなり健康になったのです。どのぺットフードが合うか試してみて反応を見ながら調整していくのがいい方法でしょう。

最後に日本はアメリカと比べてペットフードに対する規制が厳しくないようです。アメリカでは人間と同じようにペットが食べるものに対して基準が定められています。飼い主がペットフードに対する情報を判断して与えることが最善といえるのではないでしょうか。


-----

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM